RaspberryPiでEchoLinkのノードをやってみる。


LinuxでEchoLinkノードを動かすSvxlinkを導入する。
・まずはOSのUPDATEをやりましょう。
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
・svxlink関連のファイルをダウンロードしてインストールする。
sudo apt-get install subversion libsigc++-2.0-dev g++ make libsigc++-1.2-dev libgsm1-dev libpopt-dev tcl8.5-dev libgcrypt-dev    libspeex-dev libopus-dev libasound2-dev alsa-utils
・続いて qtel をインストール
sudo apt-get install libqt4-dev
sudo wget https://github.com/sm0svx/svxlink/archive/14.08.tar.gz
ファイル名を変更する。
sudo mv 14.08.tar.gz svxlink-14.08.tar.gz
解凍する
   sudo tar xvf svxlink-14.08.tar.gz
・svxlinkのコンパイルオプションを変更するため、svxlink-14.08のディレクトリ内の
 makefile.cfg をnanoで修正する。
      cd svxlink-14.08/src
      sudo nano makefile.cfg
コンパイルオプションを変更するため以下の場所を探し
RELEASE_CFLAGS = -g -O2
のところに
  -mfloat-abi=softfp -mfpu=vfp -mcpu=native
を追加する。
続いてmakeとuser作成
sudo apt-get install cmake 
 sudo adduser svxlink
ここでは最初にパスワードを入力、後はリターンでOK
SvxLink files は  /usr, /etc and /var. にインストールされる。
build ディレクトリ作成
  sudo mkdir build
  cd build
  sudo  cmake .. 引き続き
sudo  make  (時間がかかります)
  sudo  make doc
  sudo  make install
  sudo ldconfig
終わったら、Homeディレクトリに戻りサウンドパッケージをダウンロードします。
cd /home/pi
sudo wget https://github.com/sm0svx/svxlink-sounds-en_US-heather/releases/download/14.08/svxlink-sounds-en_US-heather-16k-13.12.tar.bz2
続いてインストールします。
cd /usr/local/share/svxlink/sounds
 sudo tar xvf /home/pi/svxlink-sounds-en_US-heather-16k-13.12.tar.bz2
 sudo ln -s en_US-heather-16k en_US

あとは設定のみです。
/usr/local/etc/svxlink/の中のsvxlink.confを修正します。
sudo nano /usr/local/etc/svxlink/svxlink.conf
1. SimplexLogic
     MODULESをModuleEchoLinkのみとする
  CALLSIGNを自分のものに変更
  SHORT_IDENT_INTERVAL=-1    止める
LONG_IDENT_INTERVAL=-1  止める
  RGR_SOUND_DELAY=-1   止める
  REPORT_CTCSS=77.0 (使用するトーン周波数)
 2. Rx1
  AUDIO_DEV=alsa:plughw:1
  (0は内蔵サウンド、1はUSBサウンド)
  CTCSS_FQ=77.0 (トーン周波数)
SQL_DELAY=100
SERIAL_PORT=/dev/ttyUSB0
   (/dev/ttyS0は内蔵、USB0はUSB-Serial)

3. Tx1
AUDIO_DEV=alsa:plughw:1
PTT_PORT=/dev/ttyUSB0
最後にModuleEchoLink.conを修正する。

sudo nano /usr/local/etc/svxlink/svxlink.d/ModuleEchoLink.conf
以下を修正する
1. TIMEOUT=60  をコメントアウト
 2. SERVERS=asia.echolink.org
 3. CALLSIGN 以下を変更
 4. MAX_QSOS=1
5. MAX_CONNECTIONS=1
6. #LINK_IDLE_TIMEOUT
7. AUTOCON_ECHOLINK_ID=9999   (TestServer)
or AUTOCON_ECHOLINK_ID=494436   ( JA6VBY-L )
8. AUTOCON_TIME=300  (自動接続のインターバル)
9.PROXYを使うときは以下の設定を変更
PROXY_SERVER=elp.oitan.net
PROXY_PORT=443
PROXY_PASSWORD=jf6zsi
BIND_ADDR=10.20.30.40

これで設定終了です。
cd /home/pi でホームに戻ります。
USB機器を接続して動作確認をします。
USB-SoundにMicとイヤホーンを繋いでみましょう。
そしてsvxlink と入力すれば起動するはずです。
テストサーバーに繋がってメッセージが聞こえると思います。

別の接続でサウンド調整をしましょう。
LXTermnal を立ち上げ次のコマンドを入れます。
alsamixer
F6を押し USBサウンドを選択します。
F5を押すと録音と再生の音量を調整できます。
取敢えず音量設定が完了したら再度 ModuleEchoLink.conf
を nano で起動して接続先をテストサーバーから変更します。
完了。

最後に /etc/rc.d/rc.local または
/etc/rc.localに以下を追加すると自動起動する。

sudo nano /etc/rc.local

sudo /usr/local/bin/svxlink start

 

次のサイトを参考にさせていただきました。
ありがとうございました。
・http://www1.bbiq.jp/dhiro/99_blank009.html
・http://www1.bbiq.jp/dhiro/99_blank016.html

 

 

 

 


RaspberryPiでEchoLinkのノードをやってみる。” への14件のコメント

  1. ラズパイB+を買ってエコーリンクのノード局にチャレンジしようと思いこのHPに出会いました。頑張ってチャレンジしようと思います。宜しくお願いします♪

  2. 14.008のDLをしましたがタイムアウト連発。ネットは繋がっているのに。うまくいかないものですね。

    諦めました。

  3. どうもです。
    どのファイルのダウンロードがうまく行きませんか?
    リンクが切れてるのでしょうかね?

  4. NOOBS1.9をラズパイB+にインストールしています。
    何度も入力してタイムアウトになるのがsvxlinkのダウンロードの箇所です。
    sudo wget https://github.com/sm0svx/svxlink/archive/14.08.tar.gz

    NOOBSのVerが古いのでしょうか?もし可能であればインストールされたNOOBSのVerを教えていただけないでしょうか? Linuxは初めてなので上手く進まず半泣きです。

  5. うーん、何でしょうね。
    当然UPDATEは済ませてますよね。

    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade

  6. https://github.com/sm0svx/svxlink/archive/14.08.tar.gz
    これのみをWindowsのURLにコピペするととちゃんとダウンロードしてきます
    やってみてください。
    また気になるのは
    sudo wget https://github.com/sm0svx/svxlink/archive/14.08.tar.gz
    この上のスペースは実際は半角ですよね?
    全角だとエラーになります。
    私の記事の部分をまるごとコピペでやってみてください。

  7. なんとか設定が最後までこれました。

    >そしてsvxlink と入力すれば起動するはずです。

    これはどのように操作して入力すれば良いのでしょうか?

  8. これは今までコマンドを入れていたところに同じように
    svxlink
    と入力してEnterすればOKです。
    うまく設定できていれば、何らかのコメントを表示しながら動作開始します。

  9. 原因がわかりませんが svxlink Enter を押すと「コマンドが見つかりません」です。

    難しいものですね。国東人さんはスムーズにインストールまで行きましたか? 

  10. build ディレクトリ作成
      sudo mkdir build
      cd build

    *以下からエラーが出ます。なにか他にすることがあるのでしょうか?
      sudo cmake .. 引き続き
    sudo make  (時間がかかります)
      sudo make doc
      sudo make install
      sudo ldconfig
    全くの初心者で的を得ていないと思います。

  11. 私もなんどもやりました。
    もしかさたら今までのエラーで何かおかしくなってるのかもしれません。
    SDを焼き直して全くクリーンな状態から
    再度やられてみたらいかがでしょあか?
    私も何度かそれをやりました(笑)

  12. Winの感覚しかないので失敗の連続でした。お話の通りエラーが影響して居ると言われるとそんな気がします。XPのPCが余っているので結局LINK局を立ち上げ運用しています。なんだか拍子抜けしたのとラズパイのエコーリンクは当たり前ですが初心者には使いこなせないと痛感しました。情報量の少なさにも「まだまだ普及していないな」とも感じました。来年あたり5千円くらいでスティックPCが値下がりするようなので売り払ってWin10のスティックを買おうと思います。
    色々とご親切にアドバイスをいただき感謝しつつもうまく行かず残念です。どなたかYoutubeで導入方法の動画何てのがいつかアップされると時間を無駄にした私のような新人ハムも救えるかもしれません。またはホビーユースい適した小型PCが出てくるかもしれません。ご回答をいただきありがとうございました。

  13. 初心者様
    確かにWinでやると簡単ですね。
    ラズパイだとEchoLinkの接続先を変更するのも
    いちいちテキストを書き換える必要があります。
    本当に不便です。でもなんだか面白いと言うところです。
    時間をしばらく空けてまたやって見てください。
    それと私のサイトだけでなく、私が参照しているところや
    Raspberry Pi入門みたいなところもググッて見て下さい。
    以外なところで原因が見つかるかもしれません。
    またチャレンジしてください。

  14. 丁寧にアドバイスをいただき本当に感謝しております。ラズパイのインストール、WiFi(ワイヤレス子機を使用)や日本語入力の切り替えなどはできるようになりましたがYoutube動画は性能のお陰なのか使い物になりませんが株価の情報などのサイト閲覧では使えるので本来から考えるともったいないと思いますがこのまま使ってみようと思います。

    全く理解しないままラズパイに飛びつき撃沈しましたがWin10IoTというOSでもラズパイにインストールできるそうですがWinしか触ったことがなく「同じように使えるのか?」と思いましたがそれならそれで多くのハムがやっていると思いましたがネット情報も見つけられず妄想で終わりました。

    素直にスティックPC(Win)を買っておけば?と後悔しながらそう簡単にはいかないことを痛感しました。お会いできて多くを学んだつもりです。本当にご親切にしていただきありがとうございました。これで失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です